みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ

【読んだ】娘を呑んだ道

三年前、スウェーデン北部の村で十七歳の少女・リナが失踪した。地元の高校で数学を教える父親のレレは、今も単独で娘の捜索を続けていた。同じ頃、村に流れ着いた母娘がいた。母親が男を変えるたび、娘のメイヤもあちこち転々としてきたが、これほど遠くまで来たことはなかった。その夏、リナが失踪した国道からほど近い場所でまたひとり少女が消えた。この事件をきっかけに、レレとメイヤの運命が大きく動き出す。スウェーデン推理作家アカデミー「最優秀犯罪小説賞」、「ガラスの鍵」賞、スウェーデン「ブック・オブ・ザ・イヤー」に輝いた傑作スリラー!

父の執念がものすごくて、痛々しい。

レレとメイヤに幸あれ・・!という思いで、ひたすら読み続けた。

トルビョルンは変わり者だが良い人でよかった。

スリラーとはちょっと違った感じ。