みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ

【読んだ】失踪

アメリカ中西部の平穏な町で、5歳の少女ヘイリーが失踪した。事件を担当する刑事デッカーは奔走するが、未解決のまま3週間が過ぎた。誰もが絶望する中、第2の事件が起きる―。責任を感じたデッカーは、すべてをなげうち、少女を捜し出すべくアメリカ中を訪ね歩く。わずかな手がかりをたぐり、彼が辿りついたのは、大都市ニューヨークだった…。孤独な刑事の執念の捜査を精緻に描く、円熟のサスペンス。

女の子がちゃんと見つかるのかどうか、気になって黙々とページをめくった。

女の子が誘拐された理由はわかったのだけど、その犯罪背景がいまいちよくわからなかった。

結局誰が諸悪の根源?