みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ

【読んだ】メイプル・ストリートの家

死を間近にした祖父が、林檎の花びらが舞う果樹園で、孫息子に語って聞かせた“指示”とは(「かわいい子馬」)、母親をいじめる邪悪な継父を亡き者にしようとするきょうだいたちがとったとんでもない作戦(表題作)など、子どもを描かせても天下一品の著者の才能が存分に発揮された作品を含む短篇全5篇。著者自身による作品解説付き。

世にも不思議な話を楽しく読んだ。

「かわいい子馬」は、時間の感じ方についての祖父からの指示ということ?と、よくわからなかったが、他の四つの話は、ザ・キングだなあ、と思った。