みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ

【読んだ】虎狼

村から離れて住む一家の邸宅にとつぜん二人の男が侵入し、両親とその娘を邸内に拘禁する。男たちはその目的を明らかにしないまま、自由を奪った家族をじわじわといたぶってゆく。恐怖と絶望に支配される一家に救いの手はないのか?だが逃げ出した一家の飼い犬が、偶然にもキャフェリー警部のもとへ行き着いた。ウォーキングマンの示唆を受けたキャフェリーは、手がかりもないまま飼い主を探しはじめる。雲をつかむような捜索は、はたして一家を救えるか?「サスペンスの新女王」が放つ、緊迫感あふれる最新作。

ネタバレあらすじ

 

15年前の殺人も、監禁の首謀者も、全部いかれた娘の仕業。

キャフェリーの兄についての真相が遂に!

キャフェリー自身が、監禁されていた兄の、世話係の女の保釈を制したせいで、兄は世話されずに死んでしまったということ。もちろん、兄は死んだと思っていたキャフェリー自身は、その女が世話をしていただなんて知らなかった。

 

 

 

なんだかなー、救われないなー。

犬は救われたけども。犬のことだけは良かった。

キャフェリーは、フリーの悪徳を隠している事で、壮大なバチに当たってるんじゃないか?

バチ当たりフリーは、今回出番なし。

 

虎狼 (ハヤカワ・ミステリ)

虎狼 (ハヤカワ・ミステリ)