みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ

【読んだ】マデックの罠

内容(「BOOK」データベースより)
ビッグホーンを狩りに砂漠にやってきたマデックとガイドの大学生ベン。ところがマデックは、誤って山師の老人を撃ち殺し、その罪をベンに着せようとたくらんだ。そして―ベンを砂漠に放り出す。食糧も水もあたえず、裸で、裸足で。1973年エドガー・アラン・ポー賞受賞作品。

この本の存在は、小学生の頃から知っていた。図書館で、たまに手に取り、表紙と背表紙を眺めて、また戻す。という関係。

 

マデックというのは、インジャン・ジョーのような風貌の男で、そのマデックのインディアンの呪術で、主人公を追い詰める話なんだろう、と、勝手に想像していた。

だってマデックってなんかインディアンぽい名前だ。

 

そしてこのたび、二十年以上の時を超えて、改めて手に取った。そして読んだ。

そしたらなんと、マデックはインディアンじゃなかった。金持ちの実業家だ。

ここで脳内イメージが、インジャン・ジョーからメガネをかけていないムスカに変わった。

 

物語の中心は主人公ベンの砂漠サバイバル。

サバイバルの描写もハラハラワクワクするが、

ベンの倫理的な行動が素晴らしい。

そして、田舎の住人よ。もっと仲間を信じてやってほしかったよ。

それ位マデックが狡猾だということ。マデックのばか。

 

マデックの罠 (海外ミステリーBOX)

マデックの罠 (海外ミステリーBOX)

 

 映画化も2回されたそうですよ。