みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ

【読んだ】顔のない娘

こんな子が欲しかったんじゃない。ブッカー賞受賞作家が描く正統幻想の行方。立派な跡継ぎとなる男の子を望んでいた精神科医アリスタダウン症の女の子が生まれる。失望のあまり、子供が5歳の誕生日を迎えるまでに成長してもなお、その顔を見ることができない。アリスタの結論は、子供のお遊戯会の日に出された。

ダウン症の娘を、受け入れる覚悟も意気地もない、どうしようもない男が主人公です。

イーソゥとの友情で、何かしらの赦しや答えを得ようとしていたんだろうが、叶わなかった。

アリスタの思考が露頭に迷った結果がこれか、と。