みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ

【読んだ】ぼくは君を殺さない

読後感:(*_*)

表現がいちいち遠回しで、読んでいてイライラした。

シリアルキラーの一人称で語られる物語なので、わざとかな。

 

読み始めの文体が特に遠回しであったけど、後半以降は気にならなくなったのは、

私自身が作者の表現に慣れたからなのか、

主人公の「ぼく、普通の男の子にもどります・・!」という彼の気概が文体にも現れたためなのか、どうか。

 

クライマックスは血みどろバイオレンスだった。

シリアルキラーの主人公に同情できちゃう不思議。

登場人物たちの背景をもっと知りたかった。

 

ぼくは君を殺さない (ハーパーBOOKS)

ぼくは君を殺さない (ハーパーBOOKS)

  • 作者: グレアムキャメロン,鈴木美朋
  • 出版社/メーカー: ハーパーコリンズ・ ジャパン
  • 発売日: 2016/03/17
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログを見る