みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ

【読んだ】ハリー・クバート事件

デビュー作でベストセラー作家となったマーカス・ゴールドマンは、二作目が書けずに苦しみ、大学の恩師で国民的大作家ハリー・クバートに助言を求めるが、そのハリーが33年前に失踪した美少女殺害容疑で逮捕されてしまう。師の無実を信じるマーカスは独自の調査を開始、そして師に教えられた小説作法31条に従い、一冊の本にまとめ上げることにした。少女は誰に殺されたのか?

これは読んでよかったなー。

一人一人の想いが切ない。

迷いと衝動的な行動が連鎖した結果が、このこれか、と。

少女が死体になって発見されるという、悲劇的な物語だけど、

主人公の語り口調や、登場人物たちのキャラがたっていて、

うふふ、と思わず笑ってしまうようなシーンもあり、読んでいて楽しかった。

続編も読みたい!