みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ

【読んだ】55

巡査部長チャンドラーが勤めるオーストラリア西部の小さな警察署に、土埃と血に塗れた男が駆け込んできた。殺人鬼によって山小屋に監禁され、「おまえが55番になる」と脅されたが、命からがら逃げてきたという。だがまもなく、先の男が犯人として描写した通りの男が現れ、犯人と被害者をそっくり入れ替えた主張をする。どちらが54人も殺した連続殺人鬼なのか?探り合いと騙し合いの果て、チャンドラーが掴んだ真実とは?

色々と説得力がない。犯人の根拠も、チャンドラーの人間関係も、警察のチームワークも、全てが薄く上滑りした印象。

文脈から「このままだとこうなるんじゃないかな」「ああなるんじゃないかな」と心配した事がことごとく的中するので、「何やってんだよチャンドラー・・!」とイライラもした。

終章あたりでは、もちろん気の毒にはなったが、今までの描かれ方があっさりしていたので、無事であってくれと切望するほどの共感性はわかなかった。

あと、ミッチの唇の青さが気になった。下顎をつき出す先にある、唇の青さがとても想像させられた。