みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ

【読んだ】誰かが見ている

ある夕方、保育園から榎本千夏子に一本の電話が入った。

「夏紀ちゃんがいなくなりました」

なんと、千夏子の子が保育園から消えたという。

不安を募らせる千夏子のもとに、二本目の電話が。
その電話は <彼女> からのものだった――。

4人の女性が抱える「女」としてのジレンマを鮮烈に描き切った究極のサスペンス!

出てくる女たちが柚季さん以外、うじうじ卑屈で、

出てくる男たちが、柚季さんの夫以外、自分本位な奴ばかりで、

なーんて人間の醜い部分にばかり焦点を当てた小説なんでしょう!と、イライラしてた。

が、最後は安心の嗚咽。イヤミスじゃなかった。

性善説万歳。