みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ

【読んだ】あの日に消えエヴァ

プロポーズをした直後に暴漢に襲われ、目の前で恋人エヴァをレイプされたヴェルネル。彼女はそのまま姿を消し、十年が過ぎた。そんなある日、親友ブリツキがヴェルネルに見せたのは、フェイスブックに上げられたエヴァの写真。しかし間もなく思わぬ殺人事件が起こり、その容疑をかけられたヴェルネルは、逃亡しながらたった一人でエヴァを探し始める。チャットを通じて彼を助けるのは調査会社経営者の妻カサンドラ。彼女にもまたある秘密があった。ポーランドNo.1人気作家による、読み出したら最後、絶対に止められない驚愕のスーパーページターナー本!

主人公ヴェルネルがひたすらに振り回される話。

ラスト近くで「おお」となって、

またまた「えええ」となり、

最後の最後で「うむむむ」と唸った。

悪は誰か。正しいか正しくないか。

それは立場により変わるということ。

エヴァの真実は?カイマンは本当?プリツキ可哀想!

続編がポーランドでは出ているらしいので、モヤモヤを晴らす意味で、読みたい。また振り回されるんだろうか。