みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ

【読んだ】クリスマスに少女は還る

クリスマスを控えた町から、二人の少女が姿を消した。誘拐か?刑事ルージュの悪夢が蘇る。十五年前に双子の妹が殺されたときと同じだ。そんなとき、顔に傷痕のある女が彼の前に現れた―「わたしはあなたの過去を知っている」。一方、監禁された少女たちは力を合わせ脱出のチャンスをうかがっていた…。巧緻を極めたプロット。衝撃と感動の結末。新鋭が放つ超絶の問題作。

登場人物の多さ、文章表現の周りくどさ、ページの分厚さ!

一言一句を理解することは諦め、話の筋を追いに追った。

職業倫理は大事。そこは大いに理解できるが、相手は殺人鬼ですよ!しっかりして!バカ!とのたうち回った。

 

ネタバレ

 

ああ、サディー。なんて愛すべきキャラクター。生きて大団円であって欲しかった。

クリスマスの奇蹟としては上々だし、感動するし、物語としては魅力的だろうが、

私はこの結末は悲しい。サディーは生きて還るべきだったよ!

あと、犬が辛い目にあわされるのも嫌。お話とはいえ、嫌。

 

クリスマスに少女は還る (創元推理文庫)

クリスマスに少女は還る (創元推理文庫)