みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ

【読んだ】メモリー・キーパーの娘

1964年のある大雪の夜。医師デイヴィッドと妻ノラは、男女の双子に恵まれるが、女児はダウン症だった。デイヴィッドは妻を悲しませたくないがために、とっさに娘を人手に渡し、妻には死産だったと偽るのだが…。一見裕福で幸せそうな夫婦、娘を預かった孤独な女、別々に育てられる兄妹―たったひとつの嘘によって、それぞれの人生がもつれた糸のように複雑に絡み合ってゆく。口コミで広まり、1年半にわたって全米ベストセラーとなった異例の小説。

双子の再会を願い、最後のページを読むためだけに、ひたすら目で読み、指でページをめくった。

デイヴィッドの心情はわからんでもないが、夫婦で悩み、乗り越えてこその家族じゃないかと思うんだ。

デイヴィッドの独断が、物事を複雑にし過ぎた。家族を悲しませた。

秘密の重さに、読んでいて苦しかった。

最後はよかった。

 

メモリー・キーパーの娘

メモリー・キーパーの娘