みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ

【観た】日の名残り

ダーリントン邸の老執事スティーブンスのもとに、以前共に屋敷で働いていた女性ミス・ケントンから一通の手紙が届く。 
懐かしさに駆られる彼の胸に20年前の思い出が蘇る。 
当時、主人に対して常に忠実なスティーブンスと勝気なケントンは仕事上の対立を繰り返していた。 
二人には互いへの思慕の情が少しずつ芽生えていたが、仕事を最優先するスティーブンスがそれに気づくはずもなかった。 
そんな中、ケントンに結婚話が持ち上がる。 
それを知ったスティーブンスは激しく動揺するが・・・。 

ミスター・スティーブンスは激しく動揺なんてしません。

彼の後悔、本音は彼自身の言葉によって語られることはないのに、

映像や、キャストの仕草によって強烈に、観ている者へ訴える。

本でもそうだったけど、読むだけでわかる、観ているだけで伝わる心の動きの表現ぷりがすごいなと思った。