みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ

【読んだ】レベッカ

ゆうべ、またマンダレーに行った夢を見た―この文学史に残る神秘的な一文で始まる、ゴシックロマンの金字塔、待望の新訳。海難事故で妻を亡くした貴族のマキシムに出会い、後妻に迎えられたわたし。だが彼の優雅な邸宅マンダレーには、美貌の先妻レベッカの存在感が色濃く遺されていた。彼女を慕う家政婦頭には敵意の視線を向けられ、わたしは不安と嫉妬に苛まれるようになり…。

上巻は何だかストーリーの進みが遅いように感じ、

はやくはやく、何があったのよ。とせっかちに読み進めた。

下巻に入り、ダンヴァーズ婦人との対峙辺りから展開がスリリングに!

下巻を読み終わった後、再び上巻を読み返したくなったが、寝室から下へ取りに行くのが面倒でやめた。

 

貴族に嫁入りって大変なんですね。

幼い頃は安易に憧れたが、社交だとか舞踏会だとか絶対にさばき切れない。恐ろしい。

 

図書館で借りたのは新訳の方。Amazonレビューでは、この新翻訳に対して辛辣なので、旧訳の方を借りたら良かったかな。

そして読み終わってすぐに感じたことは、ジャスパーが元気でありますようにということ。

 

レベッカ (上) (新潮文庫)

レベッカ (上) (新潮文庫)

 
レベッカ (下) (新潮文庫)

レベッカ (下) (新潮文庫)