みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ

【読んだ】暗闇のなかで

戦中、戦後そして現在。戦争の傷跡を写した3枚の写真が、60年の歳月をつなぐ…。3人の平凡なドイツ人の物語を通して、第二次大戦、戦後、そして20世紀ドイツを語り直した、2001年ブッカー賞最終候補作。 

セリフが「」でなくて、線│で表現されているのを読むのが苦手。

━━まるでテレパシーの会話みたいな感じがするのよ

━━臨場感が感じられないのよ

 

そして全体的に表現が詩っぽい。

1話目のヘルムートは、喋るシーンがない。ドラクエの主人公みたい。何を見たか、どう感じたかを仕草で想像するばかり。

3話目のミヒャは、主人公に対して、なんだかイライラした。自分を納得させるためだけの行動に見える。 

祖父がナチだったかもしれない自分が可哀想?

素直に愛情を向けられなくなった事に対する悲しみ?

終始感じていた怒りはなんで?

30歳のくせに、今更?

とか、色々考えたが、おじいちゃんがかつて大量虐殺したかもなんて、なかなか想像を絶するので、理解が難しかった。

2話目のローレは、頑張ったね!!に尽きる。これからたくさん葛藤するだろう。子孫も3話のミヒャのように葛藤するんだろう。

暗闇のなかで

暗闇のなかで