みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ

【観た】マチルダ

金儲けばかりの両親にも、鬼のような校長先生にもうんざり。少女のストレスが頂点に達した時、なんと超能力が開花した。理不尽な大人達へのお仕置きが始まる。Netflix

両親のクズっぷりと、校長先生の恐怖制圧っぷりが、突き抜けてぶっ飛んでいて爆笑した。一緒に観ていたおっとめがね(道の駅行脚中の車の中だったので、正しくは耳で聴いていた)、10歳と6歳も大爆笑。耳だけで聴いていたおっとめがねも、セリフだけで吹き出していた。

そんな中で生活するのに、子どもたちは爛漫さを忘れず、萎縮せず、クズ大人たちに負けていない。このキャラクター設定のすがすがしさ、さすが、ロアルド・ダール原作!!

クズの大人たちが笑えるのは、ダールの人物作りの上手さももちろんだけど、役者さんの演じ方が極めているからだと思う。

両親は確かにマチルダへの共感さに欠けているが(大欠けだが)、「さあ、テレビを見ながら、夕飯食うぞ!」と、仲間はずれにする訳でも無いし、誰に対しても同等の裏表のないクズだから、キャラクターとしては嫌いになれない。最後は、急いでいるのに、ちゃんと書類にサインしてあげるしね。

虐待が、体罰が、という意見もあろうが、悪い大人を子どもがやっつけるというファンタジー。童話として存分に楽しむのが正しい見方だと思う。

原作本を久しぶりに読もうかな。


f:id:to3o:20190206064141j:image

 

マチルダはちいさな大天才

マチルダはちいさな大天才