みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ

【観た】わが教え子、ヒトラー

1944年12月、連合軍の攻勢の前に国家存亡の危機にさらされたナチス・ドイツ。宣伝相のゲッベルスは、新年1月1日にヒトラー総統の大演説によって国民の戦意を劇的に高揚させる起死回生策を思いつくが、肝心のヒトラーは自信を喪失し、引きこもり状態。そこで、彼に全盛期のカリスマ性を取り戻させる困難な任務を託されたのは、かつての名優で、今は強制収容所にいるユダヤ人教授だった…。 

内容はコメディ。でも収容所や、暴力で掌握する感じとかは、他の戦争映画と変わらず私は怖いよ。すぐピストル向けるのやめれ。

帰ってきたヒトラーもコメディジャンルだったし、これもそうだけど、コメディのくせにどっちも痛快とは言えぬ終わり方だった。

ヒトラーを主人公にするって難しいんだろうな。人間らしさをフォーカスすると同情が生じて、さらにそれが議論を呼ぶんだ。

ヒトラーの愛犬ブロンディが可愛い。

 

わが教え子、ヒトラー デラックス版 [DVD]

わが教え子、ヒトラー デラックス版 [DVD]