みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ

【読んだ】友罪

内容(「BOOK」データベースより)
あなたは“その過去”を知っても友達でいられますか?埼玉の小さな町工場に就職した益田は、同日に入社した鈴木と出会う。無口で陰のある鈴木だったが、同い年の二人は次第に打ち解けてゆく。しかし、あるとき益田は、鈴木が十四年前、連続児童殺傷で日本中を震え上がらせた「黒蛇神事件」の犯人ではないかと疑惑を抱くようになり―。少年犯罪のその後を描いた、著者渾身の長編小説。

町工場に勤める登場人物(主人公含め)たちが、皆人知れぬ重い過去を背負っている。

そんな鬱々とした展開に、気持ちが中々付いていかなくて、「途中すっ飛ばして読もうかな」という面倒くさい気分になった。が、

主人公のグズグズした感じにイライラしつつ読み進め、最後は一歩踏み出したね!という読後感。

 

何が最善か、答えは出ない。私だったらどうしよう。

更生したならそれは喜ばしいことだけど、遺族の気持ちを思うと、喜ぶことが悪のように感じてしまう。

死んでしまえとは思わないが、自分の家族の近くには、いて欲しくないのは本音。そして、「いて欲しくない」と更生を阻む感情がある事にも、罪悪感。複雑複雑。

ただ、面白がってあれこれ詮索・執着・嫌がらせをするような行動はしない。そういうのは嫌い。

 

友罪 (集英社文庫)

友罪 (集英社文庫)