みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ

【観た】レフト・ビハインド

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
ニコラス・ケイジ主演のパニックアクション。パイロットのレイが操縦するジャンボ機の副操縦士と大勢の乗客が、飛行中に忽然と姿を消す。同じ頃、地上でも数百万人が消え、街は無法地帯と化していた。

敬虔なキリスト教徒と純粋無垢な子供が忽然と姿を消した世界。

無宗教ですみませんね。日本人は大半が地上に残るんでしょうね。

ていうか、映画の内容だけでいうと、信仰はキリスト教以外はだめなんか。それはなんだか世界的に失礼じゃないか。浜ちゃんの黒塗りメイク以上に失礼じゃないか。

映画の筋も、登場人物の絡みも、まるで情が湧かないまま、うすーいまま終わった。