みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ

【読んだ】ルイの九番目の命

今週のお題「読書の秋」

九歳の誕生日を祝うピクニックで、ルイは崖から落ち、昏睡状態に陥る。現場にいた父親ピエールも行方不明になった。ルイの主治医パスカルは、傷心の母親ナタリーに心惹かれるまま、不可解な事件に巻き込まれていく。ミステリーの鍵を握るルイは果たして目を覚ますのか――。人間の深層心理に潜む闇を見事に描き出す、衝撃のサスペンス。

アカデミー賞監督アンソニー・ミンゲラによる映画化決定!
「驚くべき、サスペンス小説。神秘的で、胸が痛む」 ――アンソニー・ミンゲラ

映画が公開されるそうで、内容に猛烈に興味が惹かれた。ミステリアス!

小説版を探したら、愛川町図書館には無かったが、厚木市立図書館の書庫に蔵書でやったー。即日予約しました。

 

ややネタバレ

 

ペレーズ先生への悪意に満ちた態度は、精一杯のSOS。

ギュスターヴの正体が切ない!

この人は主人公にとっては敵なのか?と思った人が、実は味方。っていう設定は大好きだ。

ナタリーみたいな女は居がちだし、それに揺さぶられる男も情けない。

 

ルイの一人称での語りの、「ママン」呼びに中々慣れなかった。頭の中が、片桐キャプテンで一杯に。
f:id:to3o:20171001184154j:image

パパは「パパ」なのね。呼び方。


f:id:to3o:20170929222705j:image

映画『ルイの9番目の人生』公式サイト

 

ルイの九番目の命 (ソフトバンク文庫)

ルイの九番目の命 (ソフトバンク文庫)