みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ。日常雑感もいう。

【読んだ】ぼくが死んだ日

読後感:(^_^)

それぞれの子どもたちの死因は、何かしら現実的な理由からかと思っていたんだけど、

読んでみたら「世にも不思議なアメージングストーリー」だとか「クリープショー」を彷彿とさせる内容。子どもの頃、夏休みの昼間のテレビ東京で観た覚えが。恐いのに不思議で面白い。

エピローグは温かくて素敵。

ぼくが死んだ日 (創元推理文庫)

ぼくが死んだ日 (創元推理文庫)

 

 

 

 

 

 

Creepshow [Blu-ray]

Creepshow [Blu-ray]

 

 

 

【雑記】LINEアカウントを誤って削除してしまったが、ツムツムデータ復旧した話

12歳のタブレットが壊れてしまい、私のipadにLINEを引き継いであげた。

電話番号登録をしておけば、次に引き継ぐ時に楽らしいよ、という訳で、軽い気持ちで私の携帯番号を入力・認証したら、私のLINEアカウントが消滅してしまった。

同じ電話番号を二人で共有が出来ないということだ。

慌てて12歳のLINEの電話番号を換えたが、後の祭り。

 

LINEアカウントを前回と全く同じ条件(表記名、ID、パスワード、メールアドレス、携帯番号、など)で作り直し、恐る恐るツムツムを開いてみたけど・・ダメでした。

全てのレベル、コイン、ルビー、ツムがゼロからのスタート!がーん。

その時点ですべてを諦め茫然自失している私の横で、夫がネットでアレコレ調べて、

運営に問い合わせたら復旧したという話があったよ、と教えてくれた。

パンドラの箱から最後に希望が飛び出した気分。

でも私みたいにアカウント無くした人のは無理なんじゃ・・という期待と恐怖の思いで、ツムツムの運営に問い合わせた。

そしたら正味1日で見事復旧しました!よかった!万歳!ありがとう!

 

方法

1.設定画面に入る
f:id:to3o:20170817181219j:image

 

2.ヘルプに入る
f:id:to3o:20170817181634j:image

 

3.お問い合わせに入る
f:id:to3o:20170817181351j:image

 

4.さらにお問い合わせに入る
f:id:to3o:20170817181433j:image

 

5.フォームに入力して送信
f:id:to3o:20170817181917j:image

「ラインアカウントを間違えて削除してしまい、ツムツムがレベル1からになってしまいました。コインから何からゼロです。復活したいです」と私は入力。

 

運営にメールしたのが19時。

返信が翌日の12時。

前回のアカウントに対する、運営からの質問になるべく詳細に答えて、再度問い合わせフォームから送信。

それに対する返信が15時にあり、「確認に時間を要する」ことなど記載してあったけれども、

なんとその日の17時にツムツムを開いてみたら、見事データが元に戻ってました。

ツム、プレイヤーレベル、スキルレベル、チケット、コイン、ルビー、全部元通り。

最高得点とランクだけ、1回だけやったレベル1ミッキーの得点にはなっていたけど、どうってことない!

 

ありがとう、ありがとう、運営の方。

 

私が参考にした知恵袋

Lineツムツムの復元について助けてください。Lineアカウントで電話... - Yahoo!知恵袋

 

【読んだ】九十歳。何がめでたい

読後感:(^_^)

新聞の広告で、小学生が読んでゲラゲラと笑ったという感想を読み、年齢差80の相手を笑わせる、90歳のエッセイに興味をもった。そして読んだ。

 

私のイメージする90歳は、こんなじゃなかった。

寝ているんだか起きているんだか、笑ってるんだか泣いているんだかわからなくて、座っている定位置が決まっている。そして何かしらの軟膏処置がある。そういう得体の知れない感が、私のイメージする90歳だ。

 

93歳だという佐藤愛子さんがヤケクソになって書いたというこのエッセイは、私が思っていた90歳を大きく覆した。

90歳も、こんなことを思って暮らしているのか。

私もこんな風に物を考える年寄りになりたい。読んでいて元気になるヤケクソだった。

 

そして、佐藤愛子さんが読売新聞の人生相談の愛(?)読者らしいとお見受けし、親近感を持った。私も人生相談を読んで、同情したり共感したり、怒ったり呆れたり、馬鹿にしたりするのが大好きだ。

 

 

九十歳。何がめでたい

九十歳。何がめでたい