みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ

【読んだ】献灯使

全米図書賞(翻訳文学部門)受賞! 

大災厄に見舞われ、外来語も自動車もインターネットもなくなり鎖国状態の日本。老人は百歳を過ぎても健康だが子どもは学校に通う体力もない。義郎は身体が弱い曾孫の無名が心配でならない。無名は「献灯使」として日本から旅立つ運命に。 
大きな反響を呼んだ表題作のほか、震災後文学の頂点とも言える全5編を収録。

全米図書賞を獲った日本の作品!

全米とは全てのアメリカ!幼い頃、一番最初に知った外国は、アメリカ!初海外旅行もアメリカ!

そんな大好きなアメリカが与えた作品なんだから、面白いに違いない。ディストピア物も好きだし、早く読みたい!と楽しみだったんだ。

死ねない元気な老人と虚弱すぎる子ども、と鎖国と汚染された世界。「何があったのかな、何が起きるのかな」とワクワクしながら読み進めた。

しかし、「さあ、さあ!」とバッチコイ状態で展開を待つのに、読み進めるうちに、だんだんワクワクが醒めていく。

私は、「この世界では何かしらがあったんですよ」と、匂わすだけの物語は好きじゃない。

この献灯使は、世界の状態も何もかも、表題の「献灯使」すら、何のことなのか、物語の中では匂わすだけ!はっきり教えてくれない。夏目漱石夢十夜みたいに訳が分からない。

私の読解力の問題か、

隣で夫が「アド街っく天国」を観てアレコレ話しかけてきたせいか。

文章の言葉遊びもかなり多いので、「どうやって英語に訳されたのかな」とか、

「ユーモアがあり暗くない」という感想を、多分アマゾンで読んだけど、「私にとってみれば、気味悪いだけなんですけど」とか、ぼんやり考えているうちにお話は終わった。

賞を与えたアメリカの気持ちがわからなくて残念だ。

 

誰か教えて下さい、結局無名ってどうなったんですか。

 

献灯使

献灯使

 

 

【観た】ボヘミアンラプソディ

伝説のバンド、Queen。地上で最も愛されたエンターテイナー、フレディ・マーキュリーの物語がついに明かされる。


映画『ボヘミアン・ラプソディ』公式サイト 大ヒット上映中!

長年、クイーンのにわかファンだ。

歌や曲は聴くが、フレディ・マーキュリー以外よく知らない。フレディのことも詳しく知っているわけではない。

曲は知ってるが題名知らない。でも1994年に買ったアルバムをずっと持ってるし聴いてる。そしてクロマティ高校のフレディが大好き。

f:id:to3o:20181204171827p:plain

映画になって、フレディを主に、クイーンの人生の一部を垣間見た気分。

演じた4人、すごい。ロジャーテイラーが可愛すぎる。ブライアンメイとジョンディーコン、そっくりすぎる。フレディ歯が出すぎ。

フレディがソロから再び母船に戻る時の、セリフが良かった。「バンドの奴らが皆俺の言いなりだ。誰も文句を言わない、不満そうな顔をしない・・」とかそんな感じのセリフ。

そうでしょう、そうでしょう!気づいて良かった。

オープニングから、バンド結成、エイズ発症、そして圧巻のライブシーン。ずっと泣きっぱなし。

水分は朝コーヒーを1杯飲んだだけだったが、きっと全部垂れ流れた。

あなたは孤独じゃなかった!家族はいつもそばにいた!

 

【観た】幸せなひとりぼっち

妻に先立たれ、仕事もクビになった人嫌いの中年男。人生に絶望し命を絶つことを考えるが、隣に越してきた家族との交流を通して頑なな心が次第にほぐれていく。Netflix

頑固老人の、心ときほぐれ系の話が好きだ。

このお話も大好きだ。すごく良かった。

頑固でクレーマーでやかましいけど、隠し切れない優しさの持ち主っぷりが!

そして、主人公オーヴェの人生をフィードバックする映像がまた泣ける。(ヤングオーヴェが可愛い)

笑えるし泣ける。

観てよかった!!!

 

幸せなひとりぼっち(字幕版)