読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みたいよみたいみたよんだ

みたりよんだりしたものをいうブログ。日常雑感もいう。

【読んだ】パンドラの少女

大崩壊した世界の謎と、メラニーら〈第二世代〉の子どもらの謎を知りたくて、ただひたすらに読み進めた。

物語自体はいわゆるゾンビ物としてシンプルに進むし(ゾンビの大群に襲われた後、数キロ進んだだけで、絶対に車は故障する。と言うようなお約束シーンもバッチリ)、謎もしっかり読者に知らせてくれるので、その辺はモヤモヤを残させられる事なく済んだが、

ラニーよ、そんなに素敵か?ミス・ジャスティノーは?と、常に己の感情優先で、思い込みも激しいジャスティノー先生にイライラする事がしばしば。

ラニーの住む無機質な世界に、感情豊かなジャスティノー先生はさぞや素晴らしい女性に映ったのかもしらんが、大崩壊前に子どもを轢き殺しておいて、ビビッて出頭しなかったような女だぞ、と。

ラニーのジャスティノーに対する狂信と敬愛が凄かったね、という話。

平穏な世界に生きる、一読者である私には、ジャスティノー先生に対するメラニーのそれは、全く説得力がなかったんだけど、メラニーの立場で考えると、異常な世界の異常な環境で生きて(生かされて?)きたから、我が世はジャスティノー先生一色!という気持ちになっても仕方がないんだろう。ほぼ洗脳的な。

私はパークス軍曹が好きだ。

 

パンドラの少女〈上〉 (創元推理文庫)

パンドラの少女〈上〉 (創元推理文庫)

 
パンドラの少女〈下〉 (創元推理文庫)

パンドラの少女〈下〉 (創元推理文庫)

 

 

【読んだ】蜂のざわめき

表紙が怖い!

速攻でカバーをかけましたよ!

 

ややネタバレ

 

 

 

 

内容は、表紙から連想されるよりは、夏模様で登場人物同士の愛情にあふれている。

想像していたよりスピリチュアルだった。

 

被害者と加害者、癒えない傷に苦しむ様子が切ない。

しかしベアはなんだってまた、敢えて近所にやって来るような事をしたんだろうか。贖罪のため?

 

一番の被害者はトラヴィスじゃあないかと思う。可哀想。

 

蜂のざわめき (ハーパーBOOKS)

蜂のざわめき (ハーパーBOOKS)

 

 

【観た】美女と野獣

YouTubeで予告やら、吹き替えの人達の特別コーラス映像をみたら、無性に映画本編を観たくなり、行ってきた。5歳長女とともに。(映画開始早々、2/3以上残ったポップコーンをひっくら返された)


「美女と野獣」♪Be Our Guest/プレミアム吹替版オールスターズ - YouTube

ここ何年か涙もろくなっているので、歌唱シーンはもちろんのこと(晩餐会のシーンがやっぱり一番好きだ)、

クライマックスには泣けた。内容はアニメ映画を散々観ていて知っているのに泣けた。

 

コグスワースやルミエールが、真鍮製なため、背景ど同化して見づらさはあったが、これはこれでいいと思う。


f:id:to3o:20170508132921j:image

アニメ映画よりすごく良かったのが、ル・フウ!好きだ!

ガストンはセクシーでカッコいいが、本当に嫌な奴だったです。


f:id:to3o:20170508132933j:image

また、アニメ映画では野獣は人間に戻らない方が好きだが(違和感バリバリだったから)、

今回の人間バージョン野獣は不思議と違和感を感じなくて良かった。

 
f:id:to3o:20170508132946j:image

すげえ違和感!くちびるが。


f:id:to3o:20170508134853j:imageこっちの方が良かった。

 

このアニメ版人間王子、制作した人たちまでもが否定するくらいなので、可哀想にすらなる。

今回の実写王子をやる人は、そして監督は、さぞやプレッシャーだったのではないかと思った。

 

【美女と野獣】人間に戻った野獣に関して、制作スタッフのコメンタリーがボロクソww「早送りしてしまえ」 | まとめまとめ